2012-11-05

ファミコン雑誌

当時いろいろファミコン雑誌が出ていたが、
その中でやっぱり一番有名だったのがファミマガでした。

しかし、その陰で頑張っている 他のファミコン雑誌には
結構コアな内容や、あやしい広告が載せられていたのであった。

今回はそんな部分も含め紹介する。
 
昭和61年に出版されたファミコン雑誌です。

ァミコン必勝本
これはメジャーな内容だけど
スーパーマリオで256面まで発見された時のスクープ。
この雑誌が一番に載せたんだよね。 たしか。

9-1が発見された時でかなりの衝撃だったのに
256Wって、正直????って感じだったよねw

どうやってやるかは当時ウワサでしか知らなかったけど

ベーシックか何か使うやり方と、カセットの抜き挿し。
カセットの抜き挿しはテニスを少しプレイしてからカセットを抜いて、
スーパーマリオを挿してプレイ。(コツを掴むと面セレクト出来る)
ベーシックでプログラムいじるとかは子供では理解できない世界。
これ投稿した人は大人の方だったんでしょうかねぇ?

僕が256Wを体験したのはディスクカードだった。
誰かが書き換え用として作ったんだな。
(たぶんA面がトンカチマリオでB面が256W使用だったかな)
編集者も頭がパンクしそうになってますよw














ァミコンチャンピオン

毛利名人のファミコンクラブがちょっと有名だったんじゃないかな。

最新作から旧作ソフトまでチャレンジする
コーナーがあって、
さらに価格と内容がつり合っているか
毛利名人が分析して、
メーカーを評価したりしてるんですよ。

↑今見てもファミコンワールド欲しいかも。(マリオが入ってるし)
あとこのカラービデオプリンタを当時持ってたら神扱いじゃないの
インク代が気になる所だけどさw


「ファミコンからバージョンアップしたい君へ!」
今見るとすごいシステムだなぁ
+ファミコン一式がどのくらいの足しになってんだよコレw

ゲームボーイ

一瞬勘違いするけどファミコン雑誌ですよ
GAMEBOYが出る前だからこっちが元祖かな。

この雑誌、タイトルに「ファミコン」って付かないだけあって
ファミコン以外のコーナーが目立ちます。


ぬいぐるみとかw
真ん中のうさぎがカワイイね
文房具とか
うわ、この文具セット懐かしい!  持ってたよ!
バイクまでww
?小学生向けじゃないって事かな


そして最後は、なんとセガマークⅢのウラ技特集とかがあって
なかなか他の雑誌では楽しめない内容でありました。

まぁ最終的に一番伝えたい事は
広告がとにかくおもしろいです。 

交換ってww
箱、説明書が付いてないだけでもう一本追加。。 すごいな。 

とにかく交換!
なんか得した感じがしないんだよなw